• クラウドストレージによるファイル共有の利用法

    複数のパソコン間でファイルを共有したい場合、LANなどのネットワークでOSが持つファイル共有機能を使うことが一般的でした。



    しかし、この方法はアクセスユーザーの権限など複雑な設定が必要でハードルが高いものです。また、プロトコルと呼ばれる通信規格が対応していないといけないため、パソコンとスマートフォンではファイルの共有ができない場合があったりと完全ではありません。
    そんな場合はクラウドストレージサービスを利用するのがおすすめです。クラウドストレージはインターネット回線でアクセスできる場所にストレージを持てるサービスで、多くの企業がサービスを行っています。



    どこのサービスも基本は無料で数ギガバイト領域を利用できる上、有料サービスに移行すれば容量の拡張やその企業独自の機能といった追加サービスを受けることができます。インターネット回線を利用するため、パソコン、スマートフォンとOSや機種を問わず簡単にアクセスすることができ、ファイルブラウザもウェブアプリケーションとして提供されているため、ウェブブラウザから簡単にファイルの追加や削除の操作が可能です。



    また、スマートフォン向けに操作性を向上させた独自アプリを提供しているサービスもあります。
    このようにクラウドストレージは非常に便利なサービスですが、規約として事故によるデータの消失やハッキングに対する保障は完全ではないとしているところが多いのも事実です。

    そのため、仕事のデータ受け渡しや大事なデータは受け渡したらすぐにクラウド上から消したり、ローカルにもバックアップを取るといった自己防衛の意識も大切です。